1. HOME
  2. 新着情報
  3. 「私のオモチャ」・・・ラジコン模型・飛行機の縮尺モデル

カテゴリー

「私のオモチャ」・・・ラジコン模型・飛行機の縮尺モデル

事務所の応接スペースの書架の上にラジコン模型や飛行機の縮尺モデルを置いてあります。

趣味といえる程、時間とお金をかけていませんので、「オモチャ」と呼んでいます。

ラジコン模型は、旧日本軍の「雷電」と「紫電」です。プロペラとエンジン等を付ければ空を飛ぶらしいのですが、ラジコンの趣味はないので、胴体のみ飾ってあります。縮尺モデルも置いてあるように、飛行機のいわゆる「姿」に惚れているのです。

全てほぼ一定の角度で翼が傾いておりますが、この傾いている姿にこそ「飛行機の美の極致」があると思っています。

お客様の中には、大変お詳しい方もおられまして、ひとしきり飛行機談義に花が咲くことが有ります。この時は、私の至福のひと時となります。

 

2013/04/01所長ブログ新着情報私の趣味

「私の趣味」城郭巡り・・・江戸城天守閣の再建

「明暦の大火」で焼失した江戸城の天守閣を360年ぶりに再建しようと運動している市民団体があるとのことです。

宮内庁や文化庁はつれない返答をしているようですが、私も天守閣の再建(木造)には大賛成です。

天皇陛下のお住まいの吹上御所が天守閣から丸見えと危惧する方々がおられるかもしれませんが、吹上御所に向いた窓から外は見えないようにすればよろしいのでは・・・と気楽に考えております。

皇居の周辺は高層建築物が取り巻きつつあるため、日本情緒を強烈にアピールする天守閣があれば東京最大の観光スポットになり、城郭ファンならずともほれぼれと見上げ、見とれる筈です。

再建費用は、100億円程度はかかりそうですが、寄付金はすぐ予定額を超えるでしょう。

2013/03/31所長ブログ新着情報私の趣味

「これって、どう思いますか?」・・・ゆうちょのATM

私の失敗談なのですが、しかし「これって、どう思いますか?」

16,000円と記載したゆうちょの振込用紙で、20,000円を入金してお釣りを4,000円をもらう予定でしたが、うっかり送金額を入金した金額である20,000円とキーボードを押してしまいました。

領収書の送金金額欄には、当初記入した16,000円が記載されているのですが、予定したお釣りは戻ってきませんでした。

スタッフの説明では、送金先と直接交渉しない限り戻すことは不可能であるとのことでした。なるほど私の側のミスには違いないので、その通りでしょうが、しかし件のATMは音声を発するので「振込用紙に記載した金額と異なりますが・・・。」とのアナウンスがあっても良いのではとも思いますが・・・。

 

2013/03/30所長ブログ新着情報雑記

「聞いた話」・・・上司への報告は、[ケチスルナイ]で

「ケチスルナイ」

ケ・・・結論(ケ)から報告する。

チ・・・中間報告(チ)も忘れない。

ス・・・スピードが第一で、催促されてからではダメ。

ル・・・留守でも対応。後でイイヤはダメ。

ナ・・・内容(ナ)は事実を伝える。

イ・・・意見(イ)は最後に付ける。

結局は「エイヤ」で丹田に重心を移してということか。私にはなかなか出来ない。

2013/03/14所長ブログ新着情報聞いた話

「浅草グルメ考」・・・ロシア料理 ラルース 浅草1丁目

浅草にはロシア料理のカンバンを掲げているお店がたぶん3軒ありますが、このお店は何々風という形容詞が付かない純粋のロシア料理店のように思われます。

やや暗い小さな短い路地にありますが、赤いカンバンを見るとロシア料理の魅力が湧いて来ます。

入口の窓からは店内が狭そうに見えますが、奥に入ると案外広いとの感じを受けます。

一番人気の「ロールキャベツ」はテーブルに置かれると相当な量に見えますが、難なく胃袋にスーッと入っていきます。

浅草の雰囲気には馴染まないと思われるでしょうが、しっとりと落ち着いた雰囲気に心地よく浸れます。

2013/03/14新着情報

「浅草界隈街路・横丁縦横」・・・浅草ロック通り

「浅草ロック通り」は、浅草演芸場前の5差路の一つです。

ここには萩本欽一氏が昔よく通ったお店の「てんぷら・すしの徳仙」、最近テレビで露出度が多い「くじらの店捕鯨船」等々枚挙にいとまがない程楽しいお店が多数あります。また、舗道に沿って、浅草に馴染みの芸人の写真が掲げられた街路灯があり、懐かしい顔にたくさんお目にかかれます。

わずか100mくらいの左右に個性的な飲食店が並んでいます。たぶん、何度来ても飽きない通りでしょう。

 

2013/03/14新着情報

「泣ける言葉」・・・井原西鶴

・倹約十両

・儲け百両

・見切り千両

この上にもう一つあって、

・無欲万両

結果が良い時、よく「無欲の勝負でした」と言うひとがいるが・・・

しかし偶然のラッキーでも・・・宝くじが当たって欲しい。

 

2013/03/13所長ブログ新着情報泣ける言葉

「関西の飲食店での客への挨拶」・・・コテコテ

かなり以前に大阪の住吉大社の鳥居の前にある定食屋で遭遇した「関西のコテコテの挨拶」です。

(店の老齢の女将さんの客が帰るときの挨拶を再現します)

「お兄ちゃんおおきになにな、ありがとうな、また来てや」・・・女将さんの言葉の抑揚が表現出来ませんが、その場の雰囲気はご理解頂けるでしょう。

単純に感動しました。どの店でもこのような挨拶を当たり前のようには、しないでしょうが、関西に生まれたかったと思います。

私は長野県生まれですが、関西方面はちょっとした、外国であるかのような印象を常に感じています。異質な関西訛りとその抑揚が耳に心地よく響くのです。

 

 

2013/03/08所長ブログ新着情報雑記

「一読入魂」・・・昭和の妖怪   岸 信介(岩見隆夫)

テレビでの穏やかな表現の政治評論をいつも見ているが、この著書の内容は確たる証拠による断定ではないが、かなり説得力のある調査事実に基づいているとの感想を持った。

表題の人物は、言わずと知れた阿部総理大臣の母方の祖父である。満州国に関わった時代の記述にはやや背筋が寒くなる思いがするのは、私のみではないと思った。著者の調査・取材活動時に殆どの関係者が証言を避けたことからも推察される。

あまりにも頭脳明晰で、諸氏の追随を許さない実行力と深謀遠慮のなせる業であろうか、「先物買い」の記述の箇所では、「まさか・・・そのようなことは・・・、しかし・・・」と言葉にならない。

「その時代が創造した妖怪」なのか「歴史の推移を捻じ曲げた妖怪」なのか。

2013/03/04一読入魂所長ブログ新着情報

「佐渡八十八か所巡礼の旅」

佐渡八十八か所巡礼の旅に過去2回(発心・修行編)参加しました。第3回目は4月14日~15日と決定しましたので、また勇んで参加いたします。

「四国西国およびもないが、せめて7日の佐渡遍路」と誘われましたが、佐渡に八十八か所めぐりがあったことに内心訝りました。

狭い(四国に比べて)佐渡ケ島にそんなにお寺が有るのかと、正直思いました。

行ってみたらびっくり。極楽浄土のような風情の中にお寺があり、立派な仏様がおわしました。

すっかり佐渡に魅了されまして、まさに草木も身体もなびく第3回佐渡遍路が待ち遠しいです。

ところで、遍路をする参加者は、全員善男善女と思いきや、俗っぽさを引きずり煩悩の塊のまま参加している者のあまりに多いことに驚愕しつつも安堵の念も湧き、清らけき仏を前にして懺悔の心も多少生ずることにやや恥ずかしき照れくさい想いもしました。

2013/03/04所長ブログ新着情報私の趣味

21 / 22« 先頭...10...1819202122