1. HOME
  2. 新着情報
  3. サブリース契約

カテゴリー

サブリース契約

サブリース契約とは、転貸借契約のことでビルやアパートなどの所有者から不動産業者などが一括あるいは、一部フロアーを借上げ、入居者を見つけて又貸しする契約のことです。

相続税法上の貸家建付地の減額特例につられてアパート等が2017年以降多数建設されてきました。

長期間借り上げて、安定した家賃収入を保証するとの謳い文句につられサブリース契約も増加してきましたが、業者から途中で家賃の減額や応じない場合の契約の解除を迫られ、借入金の返済に窮する大家さんが続出してきました。

業者が示す契約内容には、一定期間アパートを借り上げ、賃料を保証するとしつつ、同時にその期間中の賃料の減額請求ができるといった条項が入っている場合が多く、昨今の中古住宅が増加する傾向では、入居率を高めに確保することは、難しい状況といえます。

2018/10/08所長ブログ新着情報

タイ バンコクの日本食街(1)・・・BTSプロンポン駅周辺

バンコク混声合唱団の練習場は、BTS(モノレール)プロンポン駅から徒歩約15分にあるタイ日本人会別館にあります。この日本人会別館の近くにあるK旅館という日本式旅館に8月に宿泊した時、袋小路にあるK旅館にたどりつくまでの小路の両側には30~40軒くらいの日本食料理店とタイ式マッサージのお店が軒を連ねていました。日本でよく見かけるチェーン店や見慣れた文字の看板だらけでビックリしました。プロンポン駅から日本人会別館までの道筋にも多数の日本食店があり、日本語の漢字で表示しており、ここがバンコクかと錯覚するほどでした。

日本式カツカレーや焼うどんのお店に試しに入ってみましたが、日本人以外の調理人が作っていとは思えない程美味しかったです。

9月4日の日経新聞(夕刊)に掲載記事の見出しで「日本食店 アジアで急増 訪日で認知度高まる」の記事では、中国内で4万店、台湾・韓国でそれぞれ1万店前後で、タイは2800店とのことです。タイでは少ない印象を受けますが、特定の地域に集中しているようです。訪日外国人が増え、日本食への認知度が高まっている事情によると推定されるようです。

 

2018/09/09新着情報

タイ バンコク混声合唱団への入団

タイ・バンコク日本人会内にあるバンコク混声合唱団に入団しました。

マレーシアのクアラルンプールでは、KLグリークラブ(男性合唱団)に加入していましたが、最大のイベントであるアジアフェスティバルの開催日が所得税の確定申告時期に当たりやむなく退団しました。平成29年2月上海で開催されたアジア祭で、上海の混声合唱団の女性陣の歌唱力に大変感動したことからバンコクで混声合唱団に入団をしました。

団員は総勢20名で女性の団員が多いのですが、楽譜(定期演奏会等用)を渡されてビックリしました。見たことも聞いたこともない曲目ばかりだったからです。モーツァルトのrequiem、チルコットのA Little Jazz Massや武満徹の翼他でした。パートはグリークラブと同じテナーセカンドを選びましたが、クラシックの楽曲は高音(テナーでは限界的なラの音)が頻繁に出てきて裏声で対応しています。

エライところに参加してしまったと一時的に悔みましたが、反復練習により慣れてきました。「何とかなる」との楽観で何とかなるでしょう。

2018/08/12新着情報

「リースが消える日?」7月1日日経朝刊記事

やや衝撃的な見出しですが、2019年から国際会計基準では、すべてのリースが企業の資産とみなされることになるようです。もっとも日本で対応が必要になるのは国際会計基準を採用している企業は約200社程度です。

資産と見なされれば減価償却が必要で、元本と利息は分けて計算することになり煩雑になります。日本の会計基準をつくる企業会計基準委員会の部会で、国際会計基準への準拠の重要性が強調された・・・とのことですが、日本の企業のほとんどを占める、いわゆる中小企業が影響を受けるほどの税法等の改正はなさそうですね。

2018/07/01所長ブログ新着情報

タイ国日本人会への入会

本年6月4日タイ国日本人下院に入会しました。

手続きはマレーシアのクアラルンプールに比べると、断然簡単で、パスポートや顔写真を用意し、入会金600バーツと年会費2400バーツ(又は半年分)で即日カードが発行されます。マレーシアの場合は、マレーシア・マイ・セカンドホームビザ(MM2Hビザ)を取得し、日本人会の理事会の承認を経て日本人会員となることができます。

サークル活動も盛んで、私はバンコク混声合唱団の加入しました。クアラルンプールでは、男声合唱団のLKグリークラブでした。知人も増えつつあり、クライアントの皆様にも便宜を提供できる準備も出来つつありますので、ご照会下さい。

2018/06/24新着情報

法人の代表者への貸付金に対する金利

従業員への貸付金金利については、金銭消費貸借契約書や覚書で規定しているケースが多いと思われますが、代表者への貸付金に対しては、一時貸しとして、無利息のままにする場合も見受けられます。決算期をまたいで残高が継続して計上されている場合には、税務調査で指摘されることがあります。

所得税基本通達36-49では、下記のようにされています。

(イ)使用者が他から借り入れて貸し付けた場合・・・その借入金の利率

(ロ)その他の場合・・・貸付けを行ったのの属する年の利子税の割合特例の特例基準割合利率

特例基準割合とは、核燃の前前年の10月から前年の9月までの各月における短期貸付けの平均利率の合計を12で除して計算した割合として各年の前年の12月15日までに財務大臣が告示する割合に、年1%の割合を加算した割合をいいます。

このように計算すると、平成27年から28年中に貸付を行ったものは、1.8%となります。  

2018/04/11新着情報

セルフメディケーション税制

セルフメディケーション税制は、2017年からスタートした新しい医療費控除です。

家族全員が年間1万2千円を超えて医薬品を購入していれば超えている分を所得控除できますが、年間8万8千円が限度となっています。つまり医療費控除の対象の一部について特例で小額から控除出来るようにしたものです。

ただし、家族のうち申告するひとがその年に定期健康診断、予防接種、がん検診などのいずれかを受けていることが条件でその証明書を提出する必要があります。インフルエンザの予防接種の費用は医療費控除の対象になりませんので、セルフメディケーション制度を利用することができます。また、医療用から一般用に切り替えられた「スイッチOTC医療品」には箱に専用のマークが付いており、レシートにも★などの印があります。

 

2018/03/10新着情報

「仮想通貨の課税関係」

国税庁は17年夏仮想通貨で得た利益は雑所得にあたるとの見方を公表しました。

すなわち、他の所得と合算後5~45%の累進課税を受けるということです。同じ雑所得の区分でも外国為替証拠金取引(FX)や商品先物取引の利益は、他の所得と合算しない分離課税方式で一律20.315%の税率課税となります。

仮想通貨取引は、事業所得等の起因となる行為に付随して生じる場合を除き、以下の場合に課税されることになります。

①仮想通貨を現金に換金した時

②仮想通貨で購入した時

③仮想通貨を他の通貨に交換した時

いずれも、利益が確定したとみなされます。

現在、不正流失した、コインチェックが現金で顧客に払い戻した場合は、利益の確定かまたは、損害賠償金の支払いとして非課税であるという見解の相違があり、国税庁から正式な判断は出されていません。

利益の確定にも課題があり、複数の仮想通貨を取引した場合は税額の計算が複雑で確定し難い点があるげられる。

 

 

 

2018/02/07所長ブログ新着情報

「みなし贈与財産の内信託財産について」

相続税法9条の2(贈与又は遺贈により取得したものとみなす信託に関する権利)では、信託の効果が生じたとき、贈与により取得したものとみなす(みなす贈与)と規定している。

信託の効力が生じたときに、受益者等は、委託者から信託に関する権利を信託の委託者から贈与により取得したものとみなされる。

しかしながら、信託契約においては、信託法88条2項により「受託者が受益権を受けたことを知らないときは、委託者は遅滞なく、その旨を通知しなければならない」と規定されているが、受益者に秘密にすることも信託行為で定めることも出来るため、贈与税の申告もれとなる場合が想定される.従って制度の不備を指摘する意見もある。

 

2018/01/11所長ブログ新着情報

一般社団法人を使った節税スキームは出来なくなる?

一般社団法人の仕組みを悪用しての節税は2018年度税制改正で具体的な対策を講じられるようで、出来なくなりそうです。

社団法人は2008年から営利目的でも設立できるようになりましたが、企業の株式に当たる持ち分がないため、株式会社と異なり相続税はかからない制度となっています。

この仕組みを利用した節税のスキームですが、まず親が代表者となって法人を設立し、親が所有している事業会社の株式や不動産等の資産を一般社団法人に譲渡します。そのあと子供(相続人予定者)が代表者に就き支配権を継承し、資産等の譲受代金は一般社団法人が金融機関から調達します。親の所有している事業会社の配当(法人は受取配当金の益金不算入の規定を利用)で借入金の返済原資にする。

このスキームに対する政府・与党(自民党税制調査会)の対策として、親族が代表者を継いだ場合には、非課税とみなさないというものである。

2017/12/09新着情報

1 / 1912345...10...最後 »