1. HOME
  2. 新着情報
  3. 「未分割の賃貸不動産からの収入の帰属は?」

カテゴリー

「未分割の賃貸不動産からの収入の帰属は?」

賃貸不動産から生じた賃料は、遺産とは別個の財産であって、各共同相続人が相続分に応じて取得することになります。(最高裁平成17年9月8日判決)

遺産分割確定前は、法定相続分で各自所得税の申告するが、確定後は相続人に賃料収入が帰属します。

2013/05/08新着情報相続税・贈与税に関するコラム

「財産分与と退職金」

離婚に関する財産上の効果として、「協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。」とされています。(民768①)

(東京高裁H10.3.13)

将来支給を受けるであろう退職金は、その支給を受ける高度の蓋然性が認められるときには、これを財産分与の対象とすることが出来ることとした。ただし、婚姻期間に対応する部分のみとする。

判決では、元妻の退職金についての寄与度を算定した。

離婚すると様々な面倒なことが起こりますが、最後の最後まで「お金」で帳尻を付けることになりますね。

2013/05/07所長ブログ新着情報

「一書入魂」・・・全国空港ウォッチングガイド(全85空港)

この本は、全国85空港の主として撮影ポイントのガイドです。もちろん、各空港の概要解説、空港アクセス、就航エアライン情報のほか、航空管制周波数も記載してあるマニア必携のガイド・ブックです。

私は、撮影も航空管制通信傍受も趣味にはありませんが、空港の立地環境・空港の地図に興味があり、iPadで空港の航空写真と見比べることが、好きなのです。

成田空港で、トランシーバーで管制官とパイロットとの交信を傍受して、その内容を話題にしていたマニアを見て、驚愕したことが有ります。関西なまりでしたので、さらに驚くとともに、マニアならではの行動に納得しました。

2013/05/06一読入魂所長ブログ新着情報

「年額または月額により支給される旅費」

非課税とされる旅費は、職務を遂行するための旅行をした場合に、その都度支給されるのが通常であって、旅行の回数、内容等に関係なく年額または月額により支給されるものは、給与所得とされます。

ただし、明らかにその力に通常必要とされる費用に充てられると認められる範囲内のものについては、非課税とされる旅費として認められます。従って、その旅行の実績等を明らかにしておく必要があります。

役員特に代表者の場合には、なあなあの処理がされることが多いでしょう。

2013/05/06新着情報税務一般に関するコラム

「生命保険金は受取人固有の財産」・・・特別受益となる場合は?

受取人が指定されている生命保険金は、保険契約に基づき受け取るもので、受取人固有の財産です。

しかし、生命保険金が次に掲げる「特段の事情」があることにより、「特別受益」とみなされて他の相続人から遺留分減殺請求があった場合はその取扱いが異なります。

「特段の事情」とは、保険金の額、保険金額の遺産総額に対する比率、同居の有無、被相続人への介護・貢献の程度、相続人と被相続人の関係、各相続人の生活実態などにより総合的に考慮されます。(平成16年10月29日の最高裁の判断)

2013/05/05新着情報相続税・贈与税に関するコラム

「一読入魂」・・・ムッシュ (ムッシュかまやつ)

「ムッシュかまやつ」こと「釜やつ弘」は、1938年東京生まれであるが、父親は日系二世でロサンジェルス生まれのミュージシャンであることから、ごく自然に音楽の道に進んだようです。

「ムッシュ」に関しては、元スパイダースのメンバーで、歌手の森山良子とは従兄妹同志である事位の情報しか無いのが大多数の方々の印象であると思われます。もちろん私もスパイダースに絡んで「ムッシュ」を知っている程度でした。

元メンバーの堺正章さんや井上順さん、田邉昭知さんは派手に活躍している印象が強かったのでしたが、「ムッシュ」はいつも一体何をしているのか?と思っていました。この本を読んで、「好き放題やっていたんだな」と判りました。

薄い文庫本ですが、戦後から現在までの和楽・クラシック以外の「日本の音楽史」と言っても良いくらい、分りやすく説明してあります。もちろん「ムッシュ」が関わった部分のみですが、それにしても過去・現在の著名人が相当数出てきますので、「ムッシュ」がいかに多方面の活動をしていたかと驚かされます。

決してイケメンとは言えませんが、あのクシャクシャな顔(申し訳ありません)や、その静かな語り口に何故か「ホッ」とする波動を受けるのは、私のみではあるまいと秘かに想っています。

世間一般で言われている「年齢の区切り」では、そろそろ「後期高齢者」になろうとしていますが、まだまだ「同じ顔」で「独自の音楽」を与えて欲しいと願っています。

好きな言葉は、「KEEP ON」だそうです。好きだなそんな「ムッシュ」が。

 

2013/05/05一読入魂所長ブログ新着情報

「サラリーマンの引抜料」

他者から社員等を引抜き一時金を支払った場合は、引き抜かれた社員等は雑所得として課税されるほか、支払った会社は所得税法204条1項7号に規定する契約金に該当するため、10%(1回の支払金額が100万円を超える場合には、100万円の部分については、10%、100万円を超える部分については、20%)の源泉徴収を要します。

 

2013/05/04新着情報税務一般に関するコラム

「浅草の名所・旧跡」・・・今戸神社

今戸神社は最近「婚活神社」として賑わっているとのことですが、「オス・メスが対になっている招き猫」の神社としての方が以前から著名でした。もういい年のお姐さんになりました「双子の歌手・こまどり姉妹」の唄の歌詞に出てきます、・・・と言っても「婚活」している若者は知らないでしょうがね。私のようなオジサンには、忘れられない歌手(今も現役)です。

この招き猫を申し込もうとしたら、4か月位先になるそうで、予約を止めたことが有ります。

また、ここは「新撰組副長の沖田総司」の終焉の地だそうです。いずれにしても若い女性が人力車で駆けつけるのは理解できます。

2013/05/04所長ブログ新着情報

「新聞記事から」・・・数学者 秋山仁先生

4月26日付けの日経夕刊に数学者の秋山仁さんの記事「学びのふるさと」をみて思いました。

秋山先生は、「やりたいことをとことんやれ」とおっしゃっています。学生時代のことも紹介されていましたが、数学以外はあまり成績がよくなかったとのこと。この言葉は、担任の先生の言葉だそうです。これ以後、秋山先生の挑戦がはじまったとのことですが、研究職に就いた後、数学者を志した多くの友達が、次々に志を捨てる姿をそばで見続けてきたそうです。

営業職でナンバー・ワンになる人は、意外にも、最初は使い物にならないという印象を持たれるタイプが結構いるそうです。

秋山先生も屈辱をバネにして「やりたいことをとことん」やってきたとのことです。

日々経営者の方々と接していますが、いわゆる「勝ち組」の経営者の方々の人生行路と相通ずるところが有るように思えます。

2013/05/03所長ブログ新着情報

「やはり旧城下町で育った若者は違う」・・・伊予大洲と豊後竹田

日本全国の城下町を訪ねる旅を続けていますが、その中で感服した二つの城下町の若者の印象です。

一つ目は、伊予大洲(愛媛県大洲市)です。大洲城跡の旧三の丸に大洲高校があり、その近くで中江藤樹邸跡を探していた時のことです。大洲高校の女子学生が近くにおりましたので、私は「中江藤樹の旧宅はどちらですか?」と問いかけましたら、その女子高生の返事が、「藤樹先生のお宅跡は・・・」でした。敬称を付けないで「中江藤樹」と言った私が恥ずかしくなりました。

郷土の偉人に対する態度や言葉使いに心から感服しました。

二つ目は、豊後竹田(大分県竹田市)です。早朝に武家屋敷街を散策していたところ、そばを通る若い女性達が皆私に「おはようございます」とあいさつをするのです。話はしませんでしたが、親しみを込めた挨拶であることはわかりました。皆さんの

「わたしの町を見に来てくれてありがとう」という気持ちが伝わってきました。大変気持ち良く見学出来ました。

城下町で育った若者は、「やはり、一味違うな」と思いました。江戸時代の大名の藩としては小さいのですが、小さい故でしょうか、何故か城下町の気風が脈々と受け継がれてきているように思えます。

2013/05/03所長ブログ新着情報

15 / 22« 先頭...10...1314151617...20...最後 »