1. HOME
  2. 相続税・贈与税に関するコラム
  3. 「限定承認とみなし譲渡」

カテゴリー

「限定承認とみなし譲渡」

限定承認とは、相続人が遺産を相続するときに相続財産を責任の限度として相続することです。

一般的に相続財産を超える債務を相続したくない時に使われます。

限定承認によって相続した資産については、相続の時に相続時の価額に相当する金額により譲渡があったものとみなして、相続人が被相続人の譲渡所得税を納めなければなりません。

すなわち、限定承認をすると被相続人に対してすべての財産を時価で売却し、収入があったとみなし、その財産の取得費などを差し引いた所得にたいしいぇ譲渡所得税がかかります。ただ、この譲渡所得税は、相続財産の限度で支払えばよいことになります。

 

2013/03/03/相続税・贈与税に関するコラム税務一般に関するコラム

お悩みのことがございましたら何でもお気軽にご相談ください Tel. 03-3863-7283 営業時間 9時~18時 定休日 土日祝 メールのお問い合わせ