1. HOME
  2. 所長ブログ
  3. 「すしにまつわる話」

カテゴリー

「すしにまつわる話」

「すし」を漢字で書くと、「鮨」と「鮓」と「寿司」の三っがあります。関東では、「鮨」、関西では「鮓」が多く使われ、「寿司」は全国的に見られます。「寿司」は縁起を担いだ当て字だそうです。

「すし」は一貫一口半の大きさで握るのは、一口で入ってしまっては、その旨さが次の楽しみに残らないため、一口では食べきれない大きさにすることによって、旨さの余韻を半分残し、続けて楽しむようにした。・・・とのこと。

こういう話は面白いですが、「ホント」ですか~?

2013/05/11/所長ブログ新着情報

お悩みのことがございましたら何でもお気軽にご相談ください Tel. 03-3863-7283 営業時間 9時~18時 定休日 土日祝 メールのお問い合わせ