1. HOME
  2. 所長ブログ
  3. 「やはり旧城下町で育った若者は違う」・・・伊予大洲と豊後竹田

カテゴリー

「やはり旧城下町で育った若者は違う」・・・伊予大洲と豊後竹田

日本全国の城下町を訪ねる旅を続けていますが、その中で感服した二つの城下町の若者の印象です。

一つ目は、伊予大洲(愛媛県大洲市)です。大洲城跡の旧三の丸に大洲高校があり、その近くで中江藤樹邸跡を探していた時のことです。大洲高校の女子学生が近くにおりましたので、私は「中江藤樹の旧宅はどちらですか?」と問いかけましたら、その女子高生の返事が、「藤樹先生のお宅跡は・・・」でした。敬称を付けないで「中江藤樹」と言った私が恥ずかしくなりました。

郷土の偉人に対する態度や言葉使いに心から感服しました。

二つ目は、豊後竹田(大分県竹田市)です。早朝に武家屋敷街を散策していたところ、そばを通る若い女性達が皆私に「おはようございます」とあいさつをするのです。話はしませんでしたが、親しみを込めた挨拶であることはわかりました。皆さんの

「わたしの町を見に来てくれてありがとう」という気持ちが伝わってきました。大変気持ち良く見学出来ました。

城下町で育った若者は、「やはり、一味違うな」と思いました。江戸時代の大名の藩としては小さいのですが、小さい故でしょうか、何故か城下町の気風が脈々と受け継がれてきているように思えます。

2013/05/03/所長ブログ新着情報

お悩みのことがございましたら何でもお気軽にご相談ください Tel. 03-3863-7283 営業時間 9時~18時 定休日 土日祝 メールのお問い合わせ