1. HOME
  2. 新着情報
  3. 遺言執行者について「2」

カテゴリー

遺言執行者について「2」

(遺言執行者の選任・・・遺言執行者選任の審判申し立て)

利害関係人は、家庭裁判所に対して遺言執行者の選任を求めることが出来ます。

遺言執行者選任審判申立書の作成の添付資料

*遺言者の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

*遺言執行者候補者の住民票または戸籍附票

*遺言書写しまたは遺言書の検認調書謄本の写し

*利害関係を証する資料

相続を開始した地を管轄する家庭裁判所に申し立てします。

(遺言執行者の辞任)

遺言執行者は、正当な理由があるときは、家庭裁判所の許可を得てその任務を辞することが出来ます。

遺言執行者は「未成年」「破産者」以外であればどんな人でもなれますが、利害関係に関わることが多いので、遺産相続における利害関係者ではなく、相続に関する法律知識のある専門家が望ましいでしょう。

 

 

2020/04/03/新着情報

お悩みのことがございましたら何でもお気軽にご相談ください Tel. 03-3863-7283 営業時間 9時~18時 定休日 土日祝 メールのお問い合わせ